妊娠

国際結婚子供の名前を決める時ミドルネームはどうする?日本とブラジルの違い!

国際結婚家庭なら子供の名前を決める時、なにかと問題があると思います。

我が家でも娘夫婦の赤ちゃんの名前をつける時に、家族みんなでたくさん話しをしました。

うちの場合は娘夫婦たちの希望の名前をつけることが一番いいと思ったので、何ももめることもなくすんなり決まりました。

日本語の名前、ブラジルの名前、英語名など、国際結婚家庭の赤ちゃんの名前についてお話しします。

ブラジルの名前の場合

日本とは違ってブラジルでは、名前が長い人が少なくありません。

ファーストネーム、ミドルネーム、母の苗字、父の苗字、順番はこのような感じです。

これに洗礼ネームもありますよ。

名前が英語表記でも発音がポルトガル語だったりするので、英語の発音とは違う場合も多いです。

 


ツイッターでつぶやいたように名前の終わりの音で、ある程度は女名・男名になる音があります。

ポルトガル語の男性ネームの場合は、名前の最後にローマ字にする時Oがつく音。

O(オー)だから、「お こ そ と」などです。

女性ネームの場合は、最後の音がAの音です。「あ か さ た 」など。

例えば日本名の女の子の代表名の、〇〇子は最後の音が「こ」だから男名になります。

語彙力がなくて説明が下手ですみません^^;



ブラジルはニックネームで呼び合うことが多い

ファーストネームについてはおじいちゃんやおばあちゃんの名前と同じで、家族の中に同じ名前もいます。なんて説明していいか難しいんですが。。。

その場合はニックネームで呼んでいます。家族の中のニックネーム的な感じですね。

 

私の場合はミドルネームが、Raniaと書いて(ラニァ)です。

ブログのハンドルネームはニックネームのRanからとって、発音は日本語読みだと「ラン」です。

二重鼻母音化するので混ざって鼻にかかった音なので説明が難しいですが^^;、日本語のように「ん」をはっきり発音しない感じですね。

日本の女優さんで伊藤蘭さんも大好きだから大好きなニックネームなんですよ!

キャンディーズの「春一番」が好きでカラオケでもよく歌っています・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

私のようにみんなニックネームを持っていて、家族の中ではニックネームで呼び合うことも多いです。

短いニックネームだと単語一文字の人もいますよ。

娘は旦那様Alexの兄弟の奥さんママのことを「かー」と呼んでます。

名前が長い人はほとんどニックネームで、Alexも本当はもっと長い名前です。

名前の前半や後半をとってニックネームにしたり、全く名前とは異なるニックネームの人も多いですよ。

家族の中だけではなく友達ともニックネームで呼びあったりしていると、本名を知らなかったりするから驚きですよね(笑)

私を含めて私たち家族の友達もニックネームで呼び合うことも多いです。

ニックネームだけで、本名を知らない友達もいるけど困ったことは全くありません。

友達の関係性によっては、いちいち本名を聞かないことが多いかもしれませんね。

その辺は日本の感覚と少し違うように思います。

日本人の人たちは必ずフルネームを聞きたがる人が多いような気がします。(私がそう思っているだけかもしれないけど^^;)

それもブラジルと日本の文化の違いで、日本は初めて会った時に苗字を名乗ることが多いから仕方ないのかもしれませんね。

 

日本では馴染みが少ない妊娠中のイベント「ベビーシャワー」については、私の趣味ブログ『ベビーシャワーって何するの?実際にパーティへ行った様子を紹介します』で書いているので、参考にしてみてくださいね。

 

ブラジルの家族が住んでいるマリンガについて書いた記事はこちら▼

あわせて読みたい
ブラジルマリンガのインガパーク・マリンガ大聖堂!緑溢れる都市《日本と関わりの強い街》ブラジル南部のパラナ州マリンガは、緑が多く自然がたくさんあるブラジルの計画都市です。 街には日系人がたくさんいて、日本の兵庫県に姉...



国際結婚の場合、子供の日本名はどうする?

上記で説明したように、日本とブラジルの音の感じる違いがあったり、宗教のことだったり、もともと名前に対する考え方の違いだったりで、日本でもブラジルでも都合がいい名前をつけることはなかなか難しい作業になってしまうと思います^^;

だから私たち家族の周りにいるミックスの子供たちは、ブラジルネームと日本ネームを持っている子が多いです。

日本の感覚だと変かもしれないけど、ブラジルだと名前がいくつかあっても不思議だとは思ってないですね。

ミドルネームとしてつけることで、日本では日本語ネームを使って、ブラジルの家族にはブラジルネームにしている家族もいます。

日本語名は思っている以上にブラジル人にとって発音が難しいんですよね^^;

もし一つだけ名前をつけるとしたら、ポルトガル語でも日本語でも発音が似ているものを使うといいかもしれません。

私の日本名はブラジル人が言うと全く違う音になってしまいます(笑)

何度も聞き返されることが多いので、ブラジルではRania(ラニァ)を名乗ります。

 

そして日本の場合は赤ちゃんの名前をブラジルネーム(英語名)にした時、気になるのは戸籍のことですよね。

赤ちゃんが生まれて出生届けを出す時に、英語ネームの場合は戸籍上カタカナ表記になります。

でもそれは日本の戸籍管理システム上、仕方ないと思います。

そもそも日本だと苗字も英語の場合はカタカナ表記になってしまうので、名前についても変わらないですからね。

名前がカタカナだとしても、今の時代はそれほど気にする日本人もいないように思います。

そう思っているのは国際結婚環境の人だけかもしれないけど^^;

 

赤ちゃんが生まれた時の出生届については、また別記事に書く予定です。


まとめ

名前を決めることは、家族にとっても赤ちゃん本人にとっても大切なことで、家族みんなの想いが込められた新しい命を迎える一大イベントですよね。

それが国際結婚の場合は日本人同士の結婚で生まれる子供たちより、少し複雑にはなってしまうと思います。

でも家族みんなで考えた愛情いっぱいの名前なら、日本語ネームでもブラジルネームでも英語ネームでも、素敵な名前なのは間違いないと思います。

ブラジルでも家庭環境によっては多少感覚は違うだろうし、他の国になればもっと違うかもしれませんが、この記事が国際結婚カップルの赤ちゃんの名前について参考になれば嬉しいです。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。


人気ブログランキングに参加しています

ABOUT ME
アバター
HAPPY Mixed LIFE
家族でのんびりブログを更新してます。国際結婚のこと、ブラジルのこと、親子4世代の子育てのこと、ぶどう栽培・家庭菜園のことを発信しています。【娘の子育て日記】【中学生の次男のブログ】もあります。拙い文章ではありますが、暖かく見守って頂ければ幸いです。Rania.K
RELATED POST