猫cats

猫と暮らすとわかる猫の種類・柄による性格判断!うちの愛猫の場合

今回は、我が家の愛猫たちの毛柄性格判断をまとめてみました。

あくまでもうちの場合ですので、ご了承ください。

 

我が家の愛猫たち

ミャーミャ
ミャーミャ
私は白黒ハチワレのミャーミャ!ママのパーカーのお腹に入ってるのが大好きなの。
チョア
チョア
私はキジトラのチョア!他の猫たちと遊ぶのは苦手。
ゼルダ
ゼルダ
あたちは白黒ハチワレのゼルダ!イタズラが大好き。
ゴルナ
ゴルナ
私は黒猫のゴルナ!野良猫時代が長かったから、他のみんなみたいにオモチャで遊ぶのはまだちょっと苦手。
ヒョン
ヒョン
俺はクリーム茶トラのヒョン!ママにミルクで育ててもらって野良猫だったのは一日だったから、のんびり屋でビビり。
モモ
モモ
私は三毛猫のモモ!ママに助けてもらった時は瀕死の状態だったから声があんまり出ないの。だからスリスリして家族みんなと会話してるのよ。

 

白黒ハチワレのミャーミャ

 

ミャーミャは私が初めて保護した猫です。

私の人生が猫好きに変わるきっかけになった特別な子。

保護した時は、痩せ細って毛に艶が全くなくてボサボサだったから、おばあちゃん猫だと思ってました。

動物病院で診てもっらた結果、だいたい1才を少し過ぎているくらいとのことでした。

保護した時のことは、私のメインブログに詳しく書いてあるので、もしよかったら読んでみてみてください。>>私の毎日の楽しみ方

 

ほんとうにおとなしくて、私のパーカーのお腹に入っているのが大好きで、家族みんなにスリスリな猫でした。

子供のころは外で暮らしていた野良猫だったからなのか、買ってあげたオモチャには全く興味を示さなかったです。

そんなミャーミャは爪研ぎするのも壁でガリガリするのが好きで、壁紙がだいぶボロボロにやられました。

今でもボロボロにされた壁紙の一部は、直さないでそのままにしておいて、ミャーミャの思い出として残してあります。



キジトラのチョア

 

チョアは猫が嫌いで人間が大好きな子。

とにかく他の猫たちと遊ぶのも嫌いで、ずっと家族のそばにいるタイプ。

おとなしくて毎晩私と一緒に寝ています。

白黒ハチワレのゼルダ

 

白黒ハチワレのゼルダは、イタズラっ子で好奇心旺盛で勇敢な子。

窓の外で怪しい音がすれば、犬のように「ウーーー」と唸ってます(笑)

なんにでも興味を示して遊ぶのが大好き。

ちょっとおデブなゼルちゃんは、触られるのは嫌いなタイプ。

自分が甘えたい時や眠い時はお触りOK!

なんでも残さず食べるし、自由奔放な見ていて安心感のある子です。



黒猫のゴルナ

 

黒猫のゴルナは慎重な性格で周りをよく観察できる頭のいい子。

野良猫時代が長かったから、新しいオモチャもキャットタワーも、他の子たちが遊んでるのを見てから遊ぶ慎重タイプ。

今は、柔らかい布団の上にも登れるようになって、すっかり家猫になりました。

 

クリーム茶トラのヒョン

 

クリーム茶トラのヒョンはイタズラっ子でビビリな子。

同じくイタズラっ子のゼルダと仲良しです。

野良歴が一番短い1日で、私がミルクをあげて育てた経緯のためか、男の子なのに超ビビリ(笑)

三毛猫のモモ

 

三毛猫のモモは、スリスリ&デレデレで膝が大好きな甘えん坊な子。

保護した時に非常に衰弱していて、保護当時からほとんど声が出せません。

FIV陽性のため、他の猫たちとは別の部屋で生活しています。

野良猫時代も長かったせいで、オモチャを遊ぶものだと思っていなくて、ずっと誰かの膝にいるタイプ。


猫の種類・柄による性格判断まとめ

こうやってうちの猫たちのことを見ていて思うことは、毛柄で性格は決まらないと思う!です。

この結論の一番の理由が、私が初めて保護した猫のミャーミャとゼルダは、同じ白黒ハチワレ猫で模様も似ているけど、性格は全く違うから!

「猫の種類でこんな傾向がある」とかは多少あると思うけど、必ずしも当てはまらないと思います。

生まれた時の状況とか、育った環境でも違ってくると思うから。

それに兄弟でも性格が違いますよね。

猫たちも人間と同じで、毛柄じゃなくて個体で性格が違うと思います。

猫たちと生活をしたことがある人なら賛同してもらえますよね?

 

そんなわけで、「毛柄で性格判断はできない!」という結論に。

今回のこの記事が、猫をお迎えしようと思って悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


人気ブログランキングに参加しています

ABOUT ME
アバター
HAPPY Mixed LIFE
家族でのんびりブログを更新してます。国際結婚のこと、ブラジルのこと、親子4世代の子育てのこと、ぶどう栽培・家庭菜園のことを発信しています。【娘の子育て日記】【中学生の次男のブログ】もあります。拙い文章ではありますが、暖かく見守って頂ければ幸いです。Rania.K
RELATED POST