猫cats

猫エイズFIV対策・食事やケアのやり方を紹介します【三毛猫モモ】

モモがうちに来ることになった経緯、闘病しているなかで気をつけていること、モモのケア方法をご紹介します。

猫エイズFIV(猫免疫不全ウイルス感染症)と慢性腎臓病、同じ病気の猫ちゃんの飼い主さんの参考になりますように!

今回は、三毛猫モモちゃんのお話しです。

モモ
モモ
私と同じ病気で頑張っている子の参考になると嬉しいにゃ!

モモがうちに来ることになった経緯


私が50代になってから始めた、猫の預かりボランティア。

その預かりボランティアとして、お手伝いをさせてもらってる保護&TNR団体さんの代表から、2018の夏に電話がありました。

動物病院に、「炎天下で衰弱している猫がいるけれど、どうしたらいいでしょうか?」と、SOSの電話があり、代表に連絡がいき、私に預かれるかどうか確認の電話がきました。

ちょうどその前日、本業が一段落したところで、時間的にも気持ちにも少しだけ余裕ができたから、預かりをできる旨を代表にラインしたタイミングでした。

そんないいタイミングの時だったから、「ラインしたのは虫の知らせかもね」と代表と話したくらい。

 

そんなわけで、「預かりできますよ」のラインをした翌日の夜に、たくさんの人の連携を経てモモは我が家に来ました。

2018年7月21日の土曜日、次男の夏休みがスタートした日でした。

私のメインブログで、モモのことと保護猫の里親になる選択があることを書いた記事があるので、興味がある方は読んでみてください▼

猫と暮らす保護猫の里親になるという選択があることを知ってほしい!動物をお迎えする時の心構え

私の毎日の楽しみ方

 

 

モモを保護団体さんから預かった当初、里親さんが見つかるまで人慣れトレーニングを兼ねて、私たちと一緒に生活をして人間との生活に慣れてもらう予定で来ました。
もともと、スリスリ猫だったので特別トレーニングは必要なかったけど(笑) 人馴れトレーニングは全く問題なかったのですが、病気(FIV)が陽転となり、しかも発症の症状が現れ状況が一変しました。
動物病院を受診して検査の結果、FIVを発症してしまっていました。
それを踏まえて、看取り預かりを保護団体さんへ申し出ました。
預かった当初とは異なり、状況が変化した際にもちろん家族で話し合い、その結果、家族全員一致で看取り預かりをするということに。
今はモモが少しでも快適に、そして1日でも長く私たち家族と過ごせるように一緒に生活をしています。私の毎日の楽しみ方

 

メインブログから引用したように、モモは猫エイズFIV(猫免疫不全ウイルス感染症)です。

その影響なのか、野良猫時代の生活のせいなのか、慢性腎臓病もあります。

うちに来た時は衰弱が激しくて、最初はヒルズのa/d缶をあげてました。

その後、FIVが陽転して発症までしていると言われ、余命宣告まで受けました。

余命宣告されたのは去年の9月で、「9月いっぱい持つかどうか」と宣告。

猫インターフェロンを受けることと、フードを柔らかいものよりカリカリにするよう動物病院からアドバイスをもらいました。

カリカリの方がFIVで口内炎ができやすいモモには、歯茎にフードが付着しにくいからとのこと。

慢性腎臓病もあるので、先生にすすめられたロイヤルカナンの腎臓サポートを食べています。

何種類かあるロイヤルカナンの腎臓サポートを試してみて、今はモモが一番好んで食べる【HEPATIC】を食べています▼

 

 

ロイヤルカナンの腎臓サポートはまとめて記事を書く予定です。

モモと同じ腎臓病の子の参考になれば嬉しいです。



FIVによる慢性鼻炎で鼻周りの汚れ対策


モモちゃんはFIVなので、慢性的に鼻炎で鼻周りがどうしても毎日汚れてしまいます。

本人(本猫)は、外見の汚れなど気にしてないけど、鼻水で鼻周りが汚れると鼻が詰まってしまい、呼吸に支障が出るから毎日キレイにしてあげてます。

その方法は詳しく別記事に書きますのでお待ちくださいね。

 

モモちゃんの遊び方

 

モモを保護した時は、動物病院の先生に「水分が摂れればなんとかなるかもしれないけど、脱水が酷いから危険な状態です。」と言われていました。

ボランティアをしてる団体の代表が、うちにモモを連れてきた時はガリガリで、肋骨と腰骨が浮き出るほど痩せていました。

猫風邪で目は癒着して半分しか開けれず、鳴き声も出ない状態でした。

それでもモモは一生懸命鳴く仕草をして、私たち家族にお礼を言ってるみたいで涙が止まりませんでした。

「ドロドロに汚れた身体は、元気になってからキレイにしようね!」と約束しました。

代表から聞いた話しでは、ごはんも水も何日も摂っていないようで、真夏の炎天下に衰弱していたそうです。

モモを保護して動物病院にSOSの電話をしてくれたのは、保護した場所の近くの大学生でした。

助けてくれて本当にありがとう!

 

そんな状態でうちに来たモモちゃんは、遊び方が他の猫たちとは少し違います。

オモチャを遊ぶものだと認識していないようで、爪研ぎも買ってあるけどあんまり使いません。

私のツイッターの写真でわかるように、爪研ぎはポータブルケージでガリガリします(笑)

 

折り畳みポータブルケージは広げるとこんな感じ▲

子猫を保護した時の緊急用に持っていて、折り畳みがきるから便利なケージ。

今はモモちゃん専用の爪研ぎ道具になってます(笑)

モモに買ってあげた猫壱のバリバリボウルは、たまにベットで使ってます。

 

その他のオモチャ、カシャカシャぶんぶんなんかも見向きもしません。

唯一、モモちゃんが楽しそうに遊ぶのは、ティッシュを丸めたのをコロコロすること。

ずっと野良猫生活だったろうから、オモチャなんて見たことないから知らなくて当たり前だもんね。

モモの好きなもので好きなように遊んでほしいと思ってます。

折りたたみ ハウスケージ Sサイズ │ チワワ 小型犬 ケージ ゲージ 犬 猫 携帯 サークル ポータブル キャリー ハウス 簡易ハウス 避難 防災 旅行 移動 たためる ドライブ 車内 ドライビング 犬用品 ペット クレート 持ち運び
created by Rinker

モモちゃんまとめ


2018年の9月に動物病院の先生から余命宣告を受けた時は、「大晦日の除夜の金を一緒に聞こうね!」と約束しました。

そのモモとの約束も実現できて、モモちゃんは毎日頑張ってます。

猫エイズFIV(猫免疫不全ウイルス感染症)は、猫には感染する恐れがあるため、モモちゃんは他の猫たちとは別に長男の部屋で過ごしています。

モモが寂しくないように、モモの部屋でも仕事してます。

ずっとおとなしく膝にいてくれるから、仕事がはかどるんですよね(笑)あったかいし!

元気な猫たちみたいに飛び回ったり、オモチャで遊んだりすることはなくて寝ていることが多いけど、少しでも長くモモと一緒に過ごせるように願っています。

 

モモと同じ、猫エイズFIV(猫免疫不全ウイルス感染症)と、慢性腎臓病の猫ちゃんの参考になれば嬉しいです。

これから先どんなことになるのかわからないけど、希望を捨てずにモモと一緒に大切な毎日を過ごしていきます。

今回も、最後まで読んで頂きありがとうございました。


人気ブログランキングに参加しています

ABOUT ME
アバター
HAPPY MIX LIFE
家族でのんびりブログを更新してます。国際結婚のこと、ブラジルのこと、親子4世代の子育てのこと、ぶどう栽培・家庭菜園のことを発信しています。【娘の子育て日記】【中学生の次男のブログ】もあります。拙い文章ではありますが、暖かく見守って頂ければ幸いです。Rania.K
RELATED POST